ドメーヌ・スクラヴォス ヴァン・ブラン・ド・ターブル・アルシミスト2018
new
5ee9fd4a1829cd7e920655f1 5ee9fd4a1829cd7e920655f1

ドメーヌ・スクラヴォス ヴァン・ブラン・ド・ターブル・アルシミスト2018

¥1,980 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

[ギリシャ/ケファロニア島]   品種:ロディテス主体、その他主要白品種のブレンド(ザキンティノ、ミュスカ、ヴォスティリディ) タイプ:白 個人的にも大好きなギリシャワイン。 どこか気取らない、奇をてらっていない魅力を感じます。 こちらは、熟したパイナップルのようなトロピカルさに加え少し苦味を感じ全体を上手くバランス良い味わいになっています。 コストパフォーマンスの高い辛口白ワインです。 今期の夏のバーベキューでキリッと冷やしてクイっとどうぞ♪ <インポーター資料より> 朝起きると、家から五分のセラーと畑へと向かい、敷地内で飼うヤギの乳を搾り、チーズを造る。島の半島の街、リクスーリに住むエヴリヴィアディス・スクラヴォス(愛称:ヴラディス)は、父親が大手ワイナリーに売っていたブドウを引取り、家のガレージで少しずつワイン造りを始めた。家族の起源は、ウクライナで、13代前にすでにワインを造っていたという記録が残っている。徴兵され僻地で従軍したりもしていたが、やはり生まれ育った島での、動物とブドウ畑に囲まれた生活へと戻ってきた。ワインを作り出して20年、ようやくガレージではない満足のいくセラーも手に入り(2016年)、父親の代では観光農法だったブドウ畑も、バイオダイナミック農法なども取り入れた栽培を、家業に戻ってきてすぐに始める。そのおかげで畑は現在では活力にあふれている。ロボラを初めとする、樹齢の高い地品種から出来上がるワインには、他の地域のワインには無い、力強くも繊細なアロマを感じる。